ドイツ・ベルリン市内観光では『チェックポイント・チャーリー』と呼ばれていた、先の大戦で東西に分断されていたベルリン市内の東ベルリンと西ベルリンの国境検問所、現在はその跡が路上に設置されていますが、その観光名所と並んで、現地ガイドが必ずと言って良いほど案内するのが、デパートの『カーデーベー』、ここでランチをそしてお手洗いを拝借してのこれも観光、そのデパートが残念ながら倒産の憂き目に、しかし営業は続けてくれるらしいので引き続き、ベルリン観光の思い出のお土産購入には困りませんね

 

同じ様に姫路のヤマトヤシキ百貨店や岐阜・大垣のヤナゲン百貨店も、島根の一畑百貨店も、いずれも地域のハレ(非日常)の場として残して欲しかったですね

 

 

 

ドイツの老舗百貨店「KaDeWe」が破産申請 1907年創業

2024年1月30日

ドイツの老舗高級百貨店「カーデーベー(KaDeWe)」グループは29日、ベルリン・シャルロッテンブルク区裁判所に破産手続きの開始を申請し、承認されたと発表した。1907年創業のベルリン店を含む傘下3店舗は営業を続け、自主再建を目指す。高額な賃料が経営を圧迫した。

カーデーベーはカウフハウス・デス・ベステンス(ドイツ語で「西のデパート」の意)の略称。

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。