日本からの中国への旅行は観光旅行者はまだ行けません、現在も企業法人の出張旅行者が殆どですが、その出張者も査証(ビザ)の取得が義務付けらていますが、通常の営業目的でのビザ発給は実質上、中国政府から為されません、発給が許されるビザは主に駐在員向けビザの発給ですが、それも中々申請から発給までハードルが高いです、取得まで、小社では数ケ月は要しています

 

上海市で2022年5月22日から区を跨ぐ公共交通機関を段階的に再開へ

 

新型コロナウイルス感染拡大が収束に向かいつつある上海市は5月19日に開いた新型コロナウイルス対策をめぐる記者会見で、都市公共交通機関を段階的に、安定して再開させる計画を明らかにし、まず22日から区を跨ぐ公共交通機関を再開させる計画であることを発表した。新華社が報じた。

(中略)

他の地域と繋がる交通機関については、上海を離れるには「48時間以内のPCR検査陰性証明」と「24時間以内の抗体検査陰性証明」が必要という現状を維持しながら、

 

上記記事全文・中国政府機関紙/人民日報電子版『人民網」邦文版2022年5月20日付より

人民網日本語版 2022年05月20日16:37

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。