がシンガポール航空様です、小生が日本で一番最初に同社の独占代理販売権を得た旅行社に勤務していた頃の同社の機体年齢は10年未満と聴いてましたが、更にその機体使用年齢は現在は若くなっています

 

2050 年までに二酸化炭素の排出実質ゼロを目指す

2021年5月、シンガポール航空グループは2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする目標を発表しました。

これには、次世代航空機への投資、運航効率の向上、持続可能な航空燃料(SAF)などを使用した低炭素技術の導入や高品質なカーボン・オフセットの調達など、あらゆる手段が必要です。

今日、航空会社にとって、二酸化炭素の排出削減へ最も効率的かつ直接的につなげる方法は新しい機材を運航することです。

世界的に航空機の平均機齢が15年以上(注1)であるのに対し、シンガポール航空グループは、平均機齢が6年2ヶ月(注2)と、世界で最も新しい機材を運航する航空会社グループの一つです。

それを代表するものとして、エアバスのA350やA320ファミリー、ボーイングの787ファミリーや737-8といった最新機材が挙げられます。これらの機材は、旧型機に比べて燃費が約25%向上しています

また運航面の手順を改善し、燃費を向上させることにも注力しています。

 

 

同社プレスリース|2023年4月17日から

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。