今度は、米アトランタ➡︎コロンビア・ボゴダ|デルタ航空DL982便の前輪が外れた事故が起きた、これも単純な取り付けミスなの?!次から次へと起こりますね、2024年1月2日の羽田空港での海保とJALの衝突事故も、とどのつまり、本当の原因はなんだったんでしょうか?!

超過密の羽田空港である事の認識は管制官も海保機も理解している筈、それに視界が見えない夜間ならより細心な注意が必要、小生は管制官の今一度の再確認と、より的確なアナウンス(日本人同士なので、緊急事態が想定される場合は日本語でも良いの認識「間違っていたら御免なさい」)と超過密空港での夜間はヤバイの状況では、滑走路へ進入して本当に良いものかへのアナウンスを受け取る側の海保の再度の確認のミスだと思っていますが?!万全にも万全のより細心の注意が必要だと思いますが、どうなんでしょうかねぇ〜

 

ボーイング、中型機「757」でも事故、 前輪外れる

米南部ジョージア州のアトランタ空港で、米航空機大手ボーイングの中型機「757」の前輪が外れる事故が発生していたことが明らかになった。米連邦航空局(FAA)が原因を調査している。米メディアが24日報じた。

 

 

 

 

 

 

ドアーが吹っ飛ぶ事故は、ボーイング社の単純な取り付けミス?!

ボーイングを巡っては1月5日に西部オレゴン州を飛行中の小型機「737MAX9」の胴体に穴が開く事故が発生しており、約170機が運航停止となった。同社製の飛行機の安全に対する懸念が高まっている。

ボーイングの商用機部門が拠点を置くシアトルの地元紙は24日、飛行中に吹き飛んだ壁を覆うパネルは、ボーイングが取り付けたと報じた。当初は部品メーカーが担当したとの見方もあったが、ボーイングの取り付け方が間違っていたという。パネルと胴体をボルトで固定するのを忘れていた可能性がある。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。