南海電車社には、タイトル画像に続けて【proud private railway 】と胸を張って日々送って頂きたいものです、素晴らしい歴史を持っているのですから!

民間の鉄道事業者で今も現存する日本一古い電鉄会社が「南海電鉄」社です、小生には母方祖父の代から続いて100年以上もお世話になっています電鉄会社で、とても愛着が合ってどの電鉄会社よりも敬愛する電鉄会社ですが、この20数年くらいでしょうかねぇ、その社員や関連会社の人たちの職務を遂行する姿勢に感心しない姿を多く見受けられる様になって来ました、自身にはきっとその人たちはプロパーじゃない、南海電車の明治時代から脈々と続く民間鉄道事業である先輩のプライドある事業継続への哲学を学んでいない人達だと、言い聞かせていますが、以下の▼ニュースを知って、やっぱりかと、とても残念です、(また自身に言い聞かせます「正社員とちゃうんやわ、きっと」と)

市民のインフラを支える一翼が交通でその一事業者が鉄道事業者で、特定地域で運営しているなら利用はその存在が無くてはならない筈の存在ですので、沿線の居酒屋の大将が「もう来るな!」とは寂しい限りです、

無くてはならない商売、そこに従事する人達への尊敬がなくなってしまう、現状がとても多くなりだしていますので、とても気になっています、(またいい聞かせています「やっぱり正社員とちゃうんやわきっと」)

 

 

「南海電鉄関係者すべて入店禁止」居酒屋の張り紙で物議、 発端は“どんちゃん騒ぎ”後の「ぼったくり」クレーム

2024年2月2日

居酒屋の店主:
去年の秋ぐらいやったと思います、11人で(来店した)。3時間ぐらいは十分どんちゃん騒ぎやってくれてました。
外に出て、「あれおかしいな」と思ったん違うかな、誰かがな。それから入れ替わり立ち替わり、「明細書出せ」「何出せ、これ出せ」ってな。
ひとりの人が「こんなもん高いやないか、ぼったくりやないかい」って言うてきたわけですよ。もう切れましたよ!血圧上がりましたわ

「ほんならお前らは、なんぼで納得するんや」と言うたら、「俺らは1人4000円で納得する」。
だから11人分、4万4000円の計算にして、1万2000円を返金したんです。
1人3万円って言うんやったら、ぼったくりや言われてもこれはもう仕方ないけども、正当な値段もらって、なんでそこまで言われなあかんと。自分らの飲んだ量を考えてみ、と。3時間、どんだけどんちゃん騒ぎして飲んだんか、と

南海電鉄広報:
当社の従業員がお騒がせしていることをお詫び申し上げます。
業務外の事象と認識しておりますので、コメントは差し控えさせていただきます。

 

小生が南海電車の社長なら、この居酒屋に呑みに行って支払いの時に大将に名刺を差し出して、「申し訳けなかったですね、内の社員がご迷惑をお掛けてしてどうぞ赦して下さい」とそんな事をするんですがねぇ、今後も地域の皆さんに喜んで利用して貰えことを考えているなら・・・

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。