最新旅客機には、最新のテクノロジーが搭載されていて、どうしても起こる(起こしてしまう)、人はボンミスする(なる)ヒューマンエラーを軽減してくれる設計思想が反映されていますので、やはり旅客機は最新鋭機材が一番です!

 

航空機不足、ボーイング生産拡大停止で拍車も、中古に脚光

2024年2月2日

リース会社アボロンによると、ボーイングとエアバスがパンデミックの混乱やその他の供給制約に見舞われたせいで、航空業界は既にコロナ禍前に予定していたよりも保有機が全体で3000機ほど足りない。
さらにボーイングの生産抑制を受け、航空各社はより古い旅客機をより長く稼働させざるを得ない事態に追い込まれている。
航空データ分析会社シリウムのアナリスト、ジョージ・ディミトロフ氏は「供給不足に拍車がかかるばかりで、市場が需給均衡を回復する時期は先に延びている」と述べ、少なくとも2027年までは不足が続くと予想する。
国際航空運送協会(IATA)の見通しでは、今年の航空旅客需要は過去最高の47億人に達する。そうした需要に対応するため、航空各社はより高い対価を払って十分な保有機数を確保しなければならない。

 

シリウムの調査では、航空会社が保有する旅客機の平均使用年数は今年時点で16年と、19年の14年から長くなった。

専門家に話を聞くと、通常であれば旅客機の寿命は25年だが、適切な保守管理をすればもっと先まで新型機と同等の安全性を確保しながら飛行できる。

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。