帰国時の防疫管理への比喩です、『音無しの構え』は、帰国者が悲鳴を上げるそのチンタラさに

その防疫管理上での要件の多さです

 

旅行情報誌が上手く取材されています↓

『音無しの構え』は、ご存知、中里介山の時代小説『大菩薩峠』のヒーロー、甲源一刀流の遣い手、机竜之助の必殺剣『音無の構え』

相手が斬って掛かって来るまで微動だに動かないので、相手がついに業を煮やして斬りかかって来たとろこを斬る技、つまり刃を交わす機会がないから刃の音が鳴らないので、その必殺剣の命名が音無だ!

 

漫画・『るろうに剣心』主人公の緋村抜刀斎も確かこの流派『甲源一刀流』の遣い手だったかも?!(間違っていたら御免なさい)

実写版、まさに漫画

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。