しかし、日本の情報収集能力がこうもポンコツだとは、トウシロウ丸出しです、マレーシアは立憲君主国家との認識ですが、地方の首長(スルタン)が強い権力を持ち、土地土地(州「17州」)でそのスルタンが実質統治してその首長が合議で国家元首を決めています(間違っていたらごめんなさい、ご指摘ください)、関西の日系企業法人に馴染みのある州が、首都クアラルンプール周辺のセランゴール州、関西からのマレーシアへの企業法人出張者はこのセラゴーン州のシャー・アラム市にほとんどが行く認識です、と シンガポールと隣接するジョホーバル州です、そのシンガポールと隣接するジョホーバル州の首長(スルタン)が、ズブズブのあのお国との関係であると言う事を何故事前に調べて置かなかったんでしょうか?!勿論、小生でもそんな事は承知しているので、JR社が知らない筈はないでしょうから、今回の新幹線誘致計画が雲散霧消になったことは至極当たり前です、ごり押ししても時間の無駄です、まさに大名商売と言っても、言い過ぎではありません

確かに新幹線の技術は世界最高ですが、そんな最高技術を必要としない国も沢山あります、まぁまぁのテクノロジーでええと言う考え方です、『どうだ凄いだろ』との思いは、日本人の間では通用しますが、海外では、まぁまぁで十分です

自動車、ビール、ウイスキー、シャープの液晶テレビを代表とする家電

 

以下、雲散霧消その記事から

マレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画に、日本の新幹線システムの導入を目指していたJR東日本など日本勢が参入を断念することが2024年1月11日分かった。関係者が明らかにした。

 

以下、深堀のコラムから、

 

マレーシア時期国王・ジョホール州スルタン、マレーシア・シンガポール間の高速鉄道計画再開、「フォレストシティ」を通過する新ルート建設に意欲

2023年1月5日

 

イブラヒム氏が言及した「フォレストシティ」は、中国有数の不動産デベロッパー碧桂園(カントリー・ガーデン)が1000億ドル(約14兆2000億円)を投じてマレーシア最南端に位置するジョホール州南西部で進めている巨大商業・住宅開発プロジェクトで、2015年から建設が始まっている。中国の一帯一路政策の一環とされる海外プロジェクトの一つだ。

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。