再開が待ち望まれますね,国内旅行もですが海外旅行もその海外旅行,世界各地には必ずと言っていいほど地元ビールが在ります,大勢の宴席での有名なフレーズに『とりあえずビール』,と云っておけばまぁその場ではそつが無い(笑

そのビールの文化の本家はヨーロッパですから,ビール文化の無いアジア各国は列強の宗主国からのビール製造技術を取り入れて自国製造としていました

韓国は日本のビール製造技術で今に至ります(OBビール,HYDEビール),台湾(台湾ビール)もそうです,中国(青島ビール)はドイツのビール製造技術,インドネシア(ビンタンミール)はオランダの製造技術,小生の個人的意見ですが,日本のビール,特にかつてのアジアで超人気を博した『スーパードライ』に比べて全てなんだから頼りないと申しますか,薄味に感じるのは,下戸の私だから

 

昭和世代の方なら思い出深いビールのCMがこれ,日本のビールの製造技術はベルギー航空の方から残念ながらドイツと聞いた

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。