人口3億4000万人を擁する広大な国土を持つアメリカにしては,意外にも少ないLCC航空です,かつて手配したLCC航空会社は老舗LCC航空のサウスウエスト航空とジェットブルー航空,同じLCC航空会社のフロンティア航空と合併するやしないやお騒がせしたスピリット航空,同社はとどのつまり同じLCCのジェットブルー航空の軍門に降って同社な無くなりました,そのスピット航空と4社だったですが,現在は3社だけの認識です,出ては消え,消えては出て,凄い競争社会のアメリカでもLCC航空会社は意味が無い〓費用対効果が無いとのオーナーの経営者判断なんでしょうね,別に他の業態に出資する方がリスクが少なくリターンが多い,例えば食品とか医薬品,ぶっちゃけ健康被害が長いスパンで出ても,その因果関係を立証することはもはやできない,航空業界は今回の様なコロナや天変地異などの不可抗力は避けられない,人知が及ばない要素が多すぎる業態

 

 

米格安航空ジェットブルー、通期利益見通しを大幅下方修正-株価下落

2023年8月1日 21:29 JST

米格安航空ジェットブルー・エアウェイズは1日、通期の利益予想を大幅下方修正し、7-9月(第3四半期)損益についてはアナリスト予想を下回るとの見通しを示した。国内線から国際線への乗客シフトが想定以上に進んだことや、アメリカン航空グループとの提携解消が理由だとしている。

同社の発表によると、通期の調整後1株利益は5-40セントとなる見通し。従来予想は70セント-1ドルだった。7-9月の調整後1株損益は最大20セントの赤字を見込む。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は40セントの黒字。

主に国内線を運航する米航空会社では同社のほか、アラスカ航空も国内旅行需要の軟化を背景に7ー9月の業績が打撃を受けるとみている。

コロナ禍後の空の旅ブーム、米国で失速の兆し-航空会社業績に暗雲も

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。