タイはアジアで最初にノーガードでの入国者への対応に舵を取りました

シンガポールの稀代の政治家が既に新型コロナは

民族(人種)、地域(風土)、季節、性別、年齢によってその様相は異なる、繰り替えして発症する風土病(エンデミック)と2021年夏に国民の前で言い切り演説しました

新型コロナも、新新型コロナ、新新新型、新変型、彼も必死に生きんが為に、体を変えて生き延びます、仕方ない事です

振り上げた拳を下ろすタイミング判らず、今持って厳しい入国への防疫管理を実行している中国

発症当時国の中国で武漢肺炎と揶揄された当初から3年が過ぎようとshている今、徐々に緩和へ向かっています

 

 

マカオ、入境時のホテル隔離検疫が5日間に短縮

社会・政治2022/11/12 10:47

 新型コロナ流入防止のための水際対策について、マカオ衛生当局は2022年11月11日午後、中国本土以外からの入境時検疫措置を一部変更すると発表。

中国本土以外としているのは、すでにマカオと中国本土の間に限って隔離検疫免除での相互往来が実現しているため。

変更内容については、2022年11月12日以降、中国本土以外からマカオへ入境する場合、指定ホテルでの医学観察(隔離検疫)が5日間、その後に自宅での検疫が3日間の「5+3」体制となる。

従来は医学観察が7日間、その後は健康管理措置が3日間の「7+3」体制だった。中国本土で11日に発表された新措置に追随したもの。

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。