『彼は』ウォーレン・バフェット翁、投資の神様との形容詞が付蹴られている90歳のお爺ちゃん、彼の投資はバリュー投資と俗に云われている投資方法で、実際の株価より安値で放置されている株を見つけて、その企業の本来のポテンシャルに見合った株価に上昇した時点で売る、ですから分散投資方法でなく1点集中型で巨万の富(10兆円超)を築き今尚、現役で投資している、誰もが知る投資家です

 

2022年8月3日の当マガジンより

 

2022年6月24日の当マガジンより

 

バフェット氏、米オキシデンタルに目を付けた訳

資源価格の高騰を追い風に債務を大きく圧縮し、手元に現金を厚く積み上げている石油会社

新型コロナウイルスが流行し始めていた頃、米石油会社オキシデンタル・ペトロリアムの株式には売りが殺到していた。米著名投資家のウォーレン・バフェット氏も売りを浴びせた一人だ。

だが、オキシデンタルは今年、S&P500種指数の構成銘柄で値上がり率トップに立っており、バフェット氏のお気に入りとして急浮上した。

バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは、オキシデンタルの普通株を処分して約2年後、一転して株式20%を保有する同社の筆頭株主となった。

当局への提出書類で明らかにした。同氏は2022年8月19日、オキシデンタル株を最大50%取得する許可を規制当局から得た。

オキシデンタルは資源価格の高騰を追い風に、債務を大きく圧縮し、手元に現金を厚く積み上げている。これでバフェット氏のお眼鏡にかなう条件がすべてそろったとの指摘は多い

具体的には、バランスシートの強化や株主への還元、米屈指の鉱床の最大保有者であることに加え、バフェット氏の一部事業も取り組んでいる炭素排出削減に向けた技術への投資だ。

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。