欧州旅行先でのストに巻き込まれる率が高いですね

 

英国鉄道運転士労働組合は、2024年1月30日〜2月5日迄スト、大半の路線運休

 

英国の鉄道運転士労働組合(ASLEF)は15日、所属する鉄道会社16社の運転士が1月30日~2月5日に断続的なストライキを再び実施すると発表した。2022年7月から続く賃上げ交渉に進展が見られないため。・・・大きな混乱が見込まれる。

今回は、1月30日に◇サウスイースタン鉄道、GTRサザン、ガトウィック・エクスプレス、GTRグレート・ノーザン・テムズリンク、サウスウエスタン鉄道(SWR)およびSWRアイランド線、1月31日は◇ノーザン・トレインズ、トランスペナイン・エクスプレス(TPE)、2月2日は◇グレーター・アングリア、c2c、ロンドン・ノース・イースタン・レールウェイ(LNER)、2月3日は◇ウエストミッドランズ・トレインズ(WMT)、アバンティ(Avanti)・ウエスト・コースト、イーストミッドランズ鉄道、2月5日は◇グレートウエスタン鉄道(GWR)、クロスカントリー、チルターン・レールウェイズ――の運転士がそれぞれストを行う。

 

ASLEFは昨年12月、組合員投票により、賃上げ要求ストをさらに6カ月延長することを決めていた。・・・政府は昨年4月、22年と23年にそれぞれ4%の賃上げを提案したが、ASLEFはこれを拒否している。

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。