数十万、数百万円を業務上横領なんて、どなたでも知ってられる大手旅行社で1年に何度在った旅行業界ですがそんな小悪党でなく今回の横領は、数億円、数千万円規模の規模です、国民の血税を自身の営業活動に利用する横領です

簡単に不正を働いて、それがバレれば、『ほなぁ返しまっさ』でどうやら、済まされそうですね、旅行社の血税の不正受給

旅行社が存在している業界は、もうどうしようもない業界に成り下がってしまいました感!本当に情けないです!

 

雇用助成金4827万円を旅行会社が不正受給、京都労働局が初の社名公表

 

企業が支払う休業手当の一部を国が補塡(ほてん)する雇用調整助成金を巡り、京都労働局は2022年6月10日、京都府木津川市の旅行会社、華瀛(かえい)国際旅行が4872万円を不正受給していたと発表した。同局が新型コロナウイルス禍での不正受給事案で事業所名を公表するのは初めて。

同局によると、2020年1月~21年5月、従業員に休業手当を一部しか支払わず、差額分を不正に受け取っていたという。同社は不正を認め、返還する意思を示しているという。

 

 

 

HIS子会社 給付金不正受給
“刑事告訴も視野に調査”

2021年12月28日

 

旅行大手のエイチ・アイ・エスの子会社が観光需要の喚起策「Go Toトラベル」の給付金を不正に受給していた問題で、斉藤国土交通大臣は、不正に関わった子会社2社などについて、今後のGo Toトラベル事業への参加を停止し刑事告訴も視野に調査を進める考えを示しまた。

エイチ・アイ・エスが設けた外部の弁護士などによる調査委員会は先週、子会社2社が、宿泊の実態がないにもかかわらずGo Toトラベルの給付金を不正に受給していたと認めたうえで、返還すべき給付金の総額が最大で合わせて6億8329万円に上るという報告書を公表しました。

これに関連して、斉藤国土交通大臣は2021年12月28日の閣議のあとの記者会見で「給付金は税金を活用したもので、不正受給は断じて許されない。極めて遺憾で返還請求を行っていく」と述べました。

 

 

旅工房、GoTo不正受給の疑いで調査報告発表、「積極的な関与なし」も給付金9362万円返金の可能性

 

ワールド航空、雇調金不正受給の問題で、第三者委員会は1.8億円相当の返納と、経営陣の刷新を提言

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。