嬉しいのですが、大成功な企画で、いたく領事がお喜びになられたそうで、当社としても大変お世話になっているCITS社大阪支店さんの株もたいそう上がり、第二弾の企画の話が持ち上がり、近々発表があるそうだとか、応募なされては如何でしょうか

 

中国・在大阪総領事館が組織した新疆訪問団現地入り

 

中国の在大阪総領事館が組織した新疆ウイグル自治区訪問団の日本人一行20人が2023年6月19日、ウルムチ入りした。27日まで8泊9日の日程で各地を回る。「一部の勢力が色眼鏡で誤った情報を流している現地を知ってもらおう」との狙いで、情報発信も異例。

上記リンクが外れている場合には→ここ

 

 

中国駐大阪総領事館「新疆ツアー第一陣」無事ツアーを成功裏に終了

 

中国駐大阪総領事館「新疆ツアー第一陣」が成功裏に活動を終えた。コロナ禍の2021年末に総領事館が希望者を募ると1000名余が応募。22年3月には総領事館と新疆ウイグル自治区文化旅游庁がオンラインイベント「新疆は良いところ」を実施。同年4月に総領事館で開催された「新疆は良いところ」では約20人の男女がウイグル女性から民族舞踊を習うなど新疆への理解を深めた。本年6月18日、総領事館で挙行された「新疆ツアー第一陣壮行会」で、薛剣総領事(大使級)は「テロもあったが、政府尽力で今では安定し大発展している。自分の目と足で確かめられる新疆を発信ください」などと挨拶

 

9日間の旅を小学5年生から83歳までの男女20人が楽しんだ同館の領事らが同行した。新疆ウイグル自治区の区都ウルムチを皮切りにトルファン・コルラ・クチャ・アクス・カシュを巡り、博物館・火焔山・民家・カレーズ・綿花畑・紡績工場・イスラム教寺院・旧市街・ナイトマーケット・名所旧跡などを参観し、歌舞を楽しみ、人々と交流し、発展ぶりに驚いた。日本では「人民網日本語版」が報じた程度だが、中国では大量に報道されている。

上記リンクが外れている場合には→ここ

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。