かつては、日本の旅館では女性の一人旅を断ったもんです、なんでぇー?ですが、自殺するんじゃないのかと!面倒な事に巻き込まれたく無いとの事前の旅館側の自身への配慮!

アメリカでも女性の一人旅に際しては、到着時の入国管理官が根掘り葉掘りと入国目的を確認する、なんでぇー?ですがアメリカの場合は現地で売春したり、結婚して米国籍を取得するケースが多かったからです、それはもう40年前位から在った

ですから、小社では必ず現地訪問先との遣り取りの40年前当時は【手紙】、手紙は訪問への経緯が読み取れますので、日程表、それには事細かく旅程を書き込んだ物(ホテル名や観光地や利用交通機関)、そして必ずホテルの予約証明書を持参する様に助言していました、まあ40年も前にはアメリカに行くのに査証(ビザ)申請が必要でしたから、前述の書類を揃えて申請する事は旅行代理店の担当者のそれらの書類の準備は常識でした、同じ物を旅行時に持参させるのも、言わずもがなの常識でした

 

風俗で「出稼ぎ海外渡航」日本人女性の急増でアメリカは厳重警戒、入国拒否も

 

これまでも、世界中に国境をまたいで “出稼ぎ” する女性は多数いた。だが、最近になって日本人女性が急増しているという。

こうした “売春渡航” の急増を受けて、米国の入国管理局はこれまでほぼフリーパスだった日本人女性にも厳しい目を向けるようになりました。風俗業はマフィアの資金源となっていることが多く、FBIにとっては目の敵ですから」

凋落の国、日本。ここに極まれり。

 

 

【全文】

ドバイへの “出稼ぎ” を誘われたというB子さん

「あんな怖い思いをしたのは初めてです。もう2度と米国には行きたくありません。もっとも、行きたくても行けませんが……」

と、こわばった表情で “恐怖体験” を語るのは都内に住むエステティシャンのA子さん。褐色の肌に堀の深い美しい顔立ちは、スペイン系フィリピン人の母と日本人の父から受け継いだものだ。

冒頭の “恐怖体験” は、昨年6月に米ニューヨークの空港で起きた出来事だった。A子さんが続ける。

「コロナ禍で、私がもともと働いていたエステ店が休業してしまいました。そこで私はエステふうの風俗店で働いていたんです。

そんななか、その風俗店を紹介してくれたスカウトから『いい稼ぎ場所があるよ』と誘われたんです。それが、米国への “出稼ぎ風俗” でした。

当時米国は、入国前の3日以内におこなったPCR検査の陰性証明書と、海外渡航用のワクチン接種証明書があれば入国は可能でした。海外にも行きたかったし、挑戦してみようとしたんです」

海外への “出稼ぎ風俗” とは、その名のとおり、海外の風俗店に一時的に所属し、お金をもらうというもの。

「数日から数カ月のあいだ、海外の風俗店に在籍します。あらかじめ定められた出勤日数や勤務時間をクリアすると、お客ごとに得られる取り分とは別に、“保証” と呼ばれるまとまったお金も得られます」(風俗業界関係者)

A子さんが誘われたのは、ニューヨークのすぐ隣、東海岸に位置するニュージャジー州のアトランティックシティだったという。アトランティックシティといえば、ラスベガスに次ぐ規模のカジノ都市だが、そこにある娼館が “職場” になる予定だった。

「とある一軒家にママがいて、ほかに数人の日本人が働いているということでした。料金は60分で300ドル(約4万円)程度。チップもあるから、毎日2000ドルは稼げるという説明でした」(A子さん)

だが、A子さんの “出稼ぎ” は水際で止められてしまった。

「強制送還されてしまったんです。入国審査で私の順番になった途端に、私の審査ブースが閉鎖になりました。オフィスに行けと言われ、そのまま別室に連れていかれ、ほかの人たちと一緒に審査を待ちました。

職員のなかには、FBIという文字が書かれたジャンパーを着ている人が数人いました。オフィスにいたのは20人くらいで、日本人は私だけ。入国管理局の職員は、私に対して米国に滞在する理由を何度も訪ね、『観光です』と言ってもまったく聞き入れてくれませんでした

実際、到着した当日だけは本当にホテルに宿泊する予定でしたし、そのホテル名も告げました。でも、翌日以降はどうするつもりなのかと聞かれ、友人の家に泊まると言うと、『それは嘘だ。あなたは売春目的で米国に来た』とハッキリ言われました」

何枚かの書類にサインさせられ、そのまま国外退去を宣告されたA子さんは、当日に日本に向かう飛行機のチケットが取れなかったため、留置施設に送られることになった

女性の保安職員の前で丸裸にされたA子さんは、事の重大さに初めて気がついたという。

「売春は不法行為なので、もう今後は米国に行くことはできません。米国ではすべての入国者のデータが管理されているそうですから……。米国にはトランジットでも入国できないので、つらいです」

じつは、TwitterなどのSNSで「海外 出稼ぎ」などと検索すると、海外への “出稼ぎ風俗” を紹介する仲介人のアカウントが、多数、ヒットする。

パパ活歴5年、いまはマッチングイベントのオーガナイザーや、交際クラブへの登録者の斡旋もしているというB子さんは、昨年、ドバイへの出稼ぎを紹介されたという。

「そのお話では、7日間程度、ドバイで特定の個人とお付き合いするというものでした。現地居住の40歳代の日本人男性がお相手で、7日間拘束で60万円でした。男性の友人など複数人と “遊ぶ” と、さらにボーナスがもらえるということでした。

もちろん、旅費やホテル代金はお相手の男性負担です。条件に不満はなかったのですが、面接場所が都内のサウジアラビア系企業のオフィス。何かあったときに、国の力でもみ消されるのではないかと、怖くなってお断りしました」

これまでも、世界中に国境をまたいで “出稼ぎ” する女性は多数いた。だが、最近になって日本人女性が急増しているという。

「米国内での風俗の場合、まず多いのはメキシコや中南米からの移民です。彼女たちは不法移民なので、正規の職に就くことが難しく、 “裏” の仕事に従事するしかありません。それから、金融危機以降、海外に活路を見出した韓国人女性も多かったです。これまでは、この2つがメインストリームだったのですが、日本人女性が急増しています」(前出・関係者)

急増の背景には2つの理由があるという。

純粋に、日本が貧しくなった点はあるでしょう。パパ活などでカジュアル化したせいで、個人でおこなう売春の価格が暴落していますし、風俗でも客の奪い合いが激しいですからね。割のいい海外に行って稼ぐ、という選択肢が出てくるのも当然です。

さらに、小柄であまり自己主張がない日本人女性は、外国人にはかわいらしく映るようです。しかも、料金に比べて過剰なほどサービスがいいですからね。

こうした “売春渡航” の急増を受けて、米国の入国管理局はこれまでほぼフリーパスだった日本人女性にも厳しい目を向けるようになりました。風俗業はマフィアの資金源となっていることが多く、FBIにとっては目の敵ですから」(同前)

凋落の国、日本。ここに極まれり。

 

L.A.で毎月逮捕される売春婦の9割が韓国人と韓国紙報じる、豪では働きながら大学や専門学校で勉強出来るビザで入国した 35000人の内、1000人超える女性が売春していた

 

「売春大国」の汚名を返上すべく、韓国では売春の摘発が強化されたが、なくなるどころか地下に潜り、さらには“輸出”までされて、ますます世界から白い目で見られている。

規制強化を受けて商売のしにくくなった韓国を出て、海外で売春するケースも増えている

米国では、最近5年間にニューヨークなど東部地域だけで200人以上の韓国人が売春容疑で摘発された。2011年には看護師資格で入国した韓国人女性が「ポドバン」(売春を斡旋する出張マッサージ店)を営業して、FBIに逮捕された。

ロサンゼルスでは、「毎月逮捕される70~80人の売春婦の9割が韓国人」との警察関係者の証言を韓国中央日報(2006年6月21日)が報道している。

オーストラリアでも2011年、ワーキングホリデー・ビザで滞在していた韓国人3万5000人のうち、1000人超の女性が売春しているとオーストラリア政府が韓国に抗議して大問題になった。

このような売春の“輸出”は韓国側も問題視しており、今年7月22日、朝鮮日報は「米国とオーストラリアの両政府によると、米国で売春目的で働く外国人女性の4人に1人(23.5%)、オーストラリアでは5人に1人(17%)が韓国人」と報じている。

日本でも今年9月、東京・鶯谷で派遣型の売春クラブを経営していた韓国人グループが売春防止法違反で逮捕された。容疑者は韓国人女性に就労ビザなしで入国させ、売春させていた。「韓国人が日本に来て短期滞在で稼ぐには売春しかない」と供述したという。

2010年10月、韓国のパク・ソンヨン議員は海外で売春する韓国人が10万人に達すると公言し、そのうちの5万人が日本で売春していると指摘した。

※SAPIO2012年12月号

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。